droidroid

android好きのandroidブログ コメント大歓迎です

Nexus5が欲しいです・・・
基本的に転載・リンクはフリーですが、一声かけてくださるとうれしいです。。

root化後、必須アプリになりそうなXposed

何度かこのブログでも紹介しているXposedというアプリ。

まだまだ、これから充実していきそうなアプリなのですが
導入方法だけでもまとめていきます。

※root化前後の作業は自己責任でお願いします。
不具合・故障等が発生しても当ブログは責任を負いません。


前提として、端末のroot化が必須です。
106SHNexus7のroot化に関しては過去記事でまとめてあります。


<過去記事>
・106SHのroot化
http://t-f-android.hatenablog.com/entry/2013/06/06/230424

・Nexus7のroot化
http://t-f-android.hatenablog.com/entry/2013/06/08/141038


それでは本題です。

~Xposedとは~

Xposedというアプリは、このアプリ単体ではなにも機能しません。
モジュールという別アプリを組み込む必要があります。

モジュールには、システム関係を変更するものが多いです。


通常、システム関係の変更にはSystem.apkやFramework等
失敗が効かない(文鎮化する可能性がある)部分をいじることになるのですが
Xposedとそのモジュールは、これらに代用する形でシステムを変更します。

これにより、文鎮化のリスクが軽減し(ゼロではないです)
割と気軽に、システムをいじることができます。


では、Xposedの導入方法です。

~導入方法~

といっても非常に簡単です。
XDAのフォーラムからapkファイルをダウンロード&インストールします。

アプリを起動して、「Install」をタップ→再起動

これでXposedの導入は完了です。


続いて、モジュールを導入することになります。

モジュールに関しては、次回に例をあげて紹介したいと思います。

広告を非表示にする